プロのゲームプログラマーになる

どんなにおもしろいシナリオ書いても、魅力的なキャラクターを考えても、ゲームプログラマーがいなければ、ゲームというものは完成しません。ゲームデザイナーがゲームの産みの親なら、キャラクターを動かし、シナリオを進めていき、BGMや背景のグラフィックなど、ゲームに必要なすべての要素を連動させるゲームプログラマーは、育ての親の役目をはたしています。それだけ、ゲームプログラマーの役割は重要なのです。

バンタンのゲームプログラマー学部では、ゲームのプログラムはもちろん、普通のプログラムが出来ないまったくの初心者でも、実力テストを通じてレベル別にクラス分けを行い、どんな人でもゲームプログラムの勉強を1から始められるようになっています。また、バンタンのすごいところは、定期的にクラスの入れ替えがあるので、自分のプログラミングの知識が上がれば、レベルの高いクラスにいけるので、常にモチベーションがあがり勉強の意欲が落ちないようにしているところですね。これによって、クォリティの高いゲームプログラマーが、バンタンからどんどん巣立っていくというわけです。

プログラム技術というのは、習得してしまえば、ゲーム業界に限らず、IT業界への転職も可能なので、手に職をつけるという意味でも、勉強のやりがいがあるといえるでしょう。もちろん、バンタンのゲームプログラマー学部に入って、ゲームのプログラマーを目指さない人はいませんが、プログラマーとはそれだけ汎用性が高いということです。バンタンは、在学中の横のつながりは、多くの方が卒業後、各業界のプロになるので、そのまま将来の人脈になります。

以下のリンクよりプロへの近道になる学校のくわしい資料が無料でもらえます。

ゲームプログラマーになれる専門学校はこちら



このページの先頭へ戻る