プロのゲームプランナーになる

バンタンのゲームプランナー専攻は、ゲームのことだけではなく、商品企画の方法も学びます。商品企画とは、ゲーム企画の発想法、過去にヒットしたゲームの分析、そして企画書の作成からプレゼンテーションやマーケティングなど、会社に入ったらすぐに使えるスキルです。もちろん、ゲームのプログラミングや画像のCG,ゲームの制作工程なども学んで、ゲーム制作を総合的に学習します。

ゲームプランナーの企画力やシナリオで、ゲームの売れ行きが変わるのですから、かなり重要なポストです。バンタンでは、どんな学部でもそうですが、常に現場に出たときに、すぐに対応出来る人材を養成しています。ゲームプランナーも例外ではありません。特にゲームプランナーは、ゲームの制作現場では、業務がスムーズに進行するようにしたり、トラブルを解決していくのが仕事になります。

ですから、バンタンのゲームプランナー学部では、1年では上記の商品企画やゲーム制作の工程、シナリオライティングなど、就職に必要な基礎を学んで、2年からはディレクション技術やプロデュース論など、プランナーの仕事を進めていく上で重要な理論を学びます。

これが、卒業したらすぐ現場で使える知識を凝縮した、バンタンのゲームプランナー学部なのです。自分で考えたゲームが形になるというのは、ゲーム好きの人にはたまらなく魅力的なことです。それを叶えられる仕事がゲームプランナーであり、ゲームプランナーとして活躍するためには、とにかくバンタンで学ぶのが一番の近道だと思います。プロの世界は、自分の感性や実力も必要ですが、人脈もとても重要なのですが、バンタンではプロとの人脈や生徒同士の横の人脈も作ることができます。

以下のリンクよりプロへの近道になる学校のくわしい資料が無料でもらえます。

ゲームプランナーになれる専門学校はこちら



このページの先頭へ戻る