プロのスタイリストになる

ファッション業界の中でも、とても人気が高い職業がスタイリストです。スタイリストというのは、ファッション業界用語や専門知識などの座学も大切ですが、現場に出たときの対応の方法を勉強することも大切です。撮影の現場というのは、様々なアクシデントやトラブル、行き違いなどがあります。そういう時に、困るばかりで現場に対応出来なければ、その後の仕事に繋がりません。

スタイリストというのは、一見華やかな仕事ですが、肉体的にも精神的にも大変な仕事なので、目指すのであれば、本当に好きじゃなければ続かないでしょう。そういったことを踏まえてスタイリストを目指すのであれば、フリーで活躍するOBがたくさんいる、バンタンで学ぶのが一番いいでしょう。

バンタンならば、スタイリストの知識だけでなく、ブランドのバイヤーやショップのプロデュースなどが出来るように、顧客やエリアマーケティングなどの分析、ショップの企画やコンセプトの立案と、トータル的にショップを運営する計画を立てる勉強もします。また、スタイリストというのは、雑誌だけではなく、ファッションショーや映画など、幅広い活躍の場があり、バンタンではどんなシチュエーションでも対応できるカリキュラムを組んでいます。

それに、バンタンはスタイリスト輩出実績が業界で一番なのですが、その実績を作ったのは、スタジオ撮影やロケなど、充実した実習があるからでしょう。机上だけではない、スタイリストの学びがバンタンにはあります。だからこそ、バンタンを卒業すると、すぐ現場で役に立つことが出来るのですね。

プロの世界は、自分の感性や実力も必要です。加えて、人脈もとても重要なのです。スクールではプロとの人脈や生徒同士の横の人脈も作ることができます。
以下のリンクよりプロへの近道のスクールのくわしい資料が無料でもらえます。

スタイリストになれる専門学校はこちら



このページの先頭へ戻る