ファッションデザインのプロになる

ファッションデザインを職業にしたい人というのは、専門用語や文字だけの勉強だけではなく、常に感性を磨かなくてはいけないし、学校生活でも私生活でもいろんな情報にアンテナをはっていなければいけません。ですから、ファッションデザインを学ぶための学校選びというのは、学校に歴史があるかどうかや、入学金などの値段の問題ではなく、学校でどれぐらい、生のファッション業界に触れられるかではないでしょうか。そんなファッションデザインを学ぶ人にとっては、バンタンという専門学校は、入学する・しないに関わらず、1度は資料などを取り寄せてしまうほど有名な学校です。

バンタンは、歴史があるというのはもちろんですが、授業が現実のファッション業界に即しているので、卒業したら、すぐに仕事に活かせることが、専門学校としての魅力のひとつです。

また、ファッションデザインといっても、その勉強内容は細かく分かれています。バンタンの中では、まず全日制、2年速成、キャリアコース、ダブルスクールコースと、養成スタイルが分かれていて、さらに、ファッションデザインの学科が分かれています。全日制ではコレクションデザイン学科、コレクションデザイン-MEN'S-学科、パターンモデリスト学科、コスチュームデザイン学科があります。 2年速成のキャリアコースでは、ファッションデザイナー専攻、パタンナー専攻、シューズデザイナー専攻があり、ダブルスクールも同じ学科でコースがあります。これだけタイプがあれば、自分の生活スタイルに合わせた学科で、ファッションデザインを学ぶことも可能なので、学生さんだけではなく、社会人の方でも行きやすいですね。

プロの世界は、自分の感性や実力も必要です。人脈もとても重要なのですが、スクールではプロとの人脈や生徒同士の横の人脈も作ることができます。
以下のリンクよりプロへの近道のスクールのくわしい資料が無料でもらえます。

ファッションデザイナーになれる専門学校はこちら



このページの先頭へ戻る